風俗系のお仕事は何歳から可能?

風俗業界での就労や風俗業に関心のある方を対象とした情報支援サイト

風俗業分類と風俗営業、性風俗の違い

風俗業の利用や風俗業界への就労に当たり、最も基本的なことは、18歳未満の未成年者の就労は例外なく違法である点です。

ゲームセンターや料亭といった、いかがわしさを感じにくい風俗業であっても例外はありません。
やや厳しい印象を受けるかも知れませんが、巧妙な手口での未成年の違法就労を防止するためにはやむを得ない措置であると言えるでしょう。

この他、風俗業における留意点としては、18歳未満の利用制限です。
ソープランドやヘルスをはじめとした店舗型性風俗の場合、就労はおろか立ち入りが全面的に禁止されていますし、個室ビデオやラブホテルの利用も禁じられています。

これは、無店舗型性風俗に関しても同様で、デリバリーヘルスやアダルト映像の配信サービスなどは、もちろん規制対象です。

加えて、接待飲食営業店に類する、キャバクラやパブ、クラブなどもやはり規制対象となります。

ここまで、風俗業における留意点を二つほど例示しましたが、基本的には18歳未満の風俗業への従事が違法である点と、ゲームセンターや料亭のような例外を除いて、風俗経営であれ接待飲食営業店であれ、18歳未満の利用はおろか立ち入り自体が禁じられているという点を押さえておけば、問題はありません。

つまり、風俗業全般の基本前提は18歳未満の未成年者は、サービス対象でも雇用対象でもないという点に尽き、未成年者の風俗業利用や風俗業就労はいかなる場合であっても認められてはいないのです。

未成年者が働けないわけと法以外の年齢制限

18歳未満の未成年者は、あらゆる風俗業に従事できません。 この点を踏まえて、未成年者が従事可能な風俗業の存在の可否と、法による規制以外の観点の風俗業における年齢制限について提示しておりますので、風俗業への関心や好奇心を満たすためにご利用ください。

Copyright © 風俗系のお仕事は何歳から可能?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る