風俗業界での就労や風俗業に関心のある方を対象とした情報支援サイト

>
この記事をシェアする

風俗産業全般の基本的な留意点

風俗業を分類:風俗営業と性風俗の相違

日本の風俗業は、まず、風俗店と性風俗店に分類可能で、性的なサービスの提供が行われない風俗店は風俗営業に分類され、ゲームセンターやパチンコ店、バー・ナイトクラブなどが主です。

対して、性的なサービスの提供を主体としたサービスを提供しているのが、性風俗関連特殊営業となり、店舗型、無店舗型、配信型を含めサービスの提供方法が複数に及ぶほか、店舗型は営業形態に応じて一から六号までに分類されるなど、その分類は細分化されてはいます。

日本の風俗業の分類は、はっきりと言ってしまえば、風俗と性風俗の分類がキモであり、性的サービスを提供する風俗業が性風俗である点と、性的サービスの提供が無い風俗業が風俗営業である点を押さえておけば十分でしょう。

分類ごとの従事可能年齢

性的なサービスの提供がある性風俗と、性的サービスの提供が無い風俗店とでは、従事可能な年齢が異なるのではないかと考えられる方も居られることと思われますが、性風俗、風俗を問わず、風俗業に従事可能な年齢は一律で18歳以上となっています。

これは、性的サービス以外の提供サービスに起因しており、酒類を見通しの悪い場所や薄暗い場所で提供している場合や、パチンコやゲームセンターのような、現金が絡んだ景品を提供している場合などが、法律で規制されているために、性風俗と同様に18歳未満の就労が禁止されているためです。

つまり、18歳以上を対象とした風俗業は、基本的に18歳以上でなければ就労できないように法規制が行われているわけです。


Copyright © 風俗系のお仕事は何歳から可能?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る