風俗業界での就労や風俗業に関心のある方を対象とした情報支援サイト

>
この記事をシェアする

意外と知らない風俗業

意外?18歳未満が働けない仕事

同じ風俗業であっても、もちろんパチンコ店やナイトクラブは別ですが、性風俗店とは毛色が違う風俗営業であれば、18歳未満でも従事できそうに思えます。

例えば、ゲームセンターはどうでしょう。
健全とは言い難いかも知れませんが、一見すると義務教育を終えていれば、問題なく従事できそうです。
また、料亭に至っては、18歳未満が従事できない理由がわからないという方も多数おられるのではないでしょうか?

いずれの仕事も不健全というほど、未成年への悪影響やリスクが不安視されるようには思えません。
しかし、ゲームセンターは客の射幸心を刺激するゲームが風俗営業に当てはまり、料亭は店舗の見通しの悪さが風俗営業に当てはまることから、やはり18歳未満は従事できないのです。

風俗業に18歳未満が従事できない理由

何故職業選択の自由がありながら、風俗業への従事年齢は規制されているのでしょうか。
法で規制されているからと言ってしまえば、それまでなのですが、なぜ法で規制する必要があるかという部分について考えてみましょう。

風俗業は風俗営業であれ性風俗であれ、対象が18歳以上ひいては成人であり、そもそも、風俗業を営む店やサービス全般への未成年者の接触は日本では禁止されています。

これは、責任を負えない未成年者が射幸心や性欲を制御できなくなるような事態の防止の意味合いもあるのですが、未成年者の不正労働から未成年者や雇用者を守ることが目的でもあります。

例えば、雇用者側が未成年者を不当に働かせようにも、そもそも店舗への立ち入りそのものが禁止されてしまうと、不正雇用は難しくなりますし、未成年者が年齢を偽り不当に就労した場合に未成年者や騙された雇用者を守る意図もあるのです。


Copyright © 風俗系のお仕事は何歳から可能?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る