風俗業界での就労や風俗業に関心のある方を対象とした情報支援サイト

>
この記事をシェアする

未成年者が働けないわけと法以外の年齢制限

未成年者が従事可能な風俗業の有無

結論から述べておきますが、未成年者が従事可能な風俗業は、性風俗はもちろんのこと、風俗営業においても存在しません。

理由は明白ですね。
法による規制は明確に18歳未満の風俗業への従事を禁じていますし、風俗業を営む建物へ入ることも、当然ながら禁じています。

残念ながら違法に未成年者が風俗業に就労している場合もありますが、未成年者が被害者であれ加害者であれ、そのような性風俗や風俗営業は極めてリスキーなので、避けるべきでしょう。

繰り返しますが、未成年者の風俗業への従事は違法です。
風俗営業であれ性風俗であれ、風俗を利用したり、風俗業界に就労したりするのであれば、わざわざリスクを冒さず、クリーンな経営を行っている業者を利用することをお勧めします。

法律以外の年齢制限

法律以外にも風俗業で年齢制限が設けられるパターンがあります。
本筋とはやや外れますが、一応、知っておくと風俗業への理解を深めるのに役立つでしょう。

これは基本的に性風俗においても設けられる年齢制限なのですが、例えば、熟女を売りとした性風俗店であれば、30歳以上や40歳以上といった年齢制限が考えられますし、若さを売りとしている場合、25歳未満や30歳未満といった年齢制限が考えられます。

いずれの場合も求人条件なので法的拘束力はありませんが、性風俗での就労を考えている場合は、求人の要求年齢についてもきちんと考慮しておくことが必要です。

ちなみに、風俗業でサービスを利用するのは男性と思われがちですが、近年は女性向けの風俗業も多数存在し、こちらでもやはり店のテーマに沿った年齢制限が存在します。


Copyright © 風俗系のお仕事は何歳から可能?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る